ダイエー長吉店、惜しまれつつ閉店。

去る2023年8月31日、大阪市東部にあるダイエー長吉店が閉店。
今回は閉店日の様子についてレポートする。

別の敷地に駐車場棟がある特殊立地

長吉店は1987年3月30日オープンの店齢36歳。1987年といえば今年劇場版の新作が公開される「シティーハンター」がテレビで放送された年。
あの「Get wild」が生まれた年でもある。

FullSizeRender
元々は駅前の再開発により建てられたお店である。

IMG_4464
これがその証。

FullSizeRender
エレベータのサインはダイエー矢印。

IMG_4434
駐車場棟にあったオレンジエスコート作戦のジャケットではないおじさんの看板。これは珍しいものだ。
FullSizeRender
店内は一部改装されて綺麗になっていた。しかし閉店。


閉店の挨拶

今回、セレモニーらしいセレモニーはなかった。
と、いうより挨拶があまりにも短く切り取るところがないため、ここに全文を掲載する。
みなさん、閉店のため、こんなに多くの方にお集まりいただきまして誠にありがとうございます。
ダイエー長吉店として1987年3月にオープンいたしました。
もしかすると、この中でもダイエーの開店の時、お店に来られた方、いらっしゃるのではないでしょうか。
(周りを見渡す店長)
ありがとうございます。
まあ、そういったお客さまに支えられましてこの37年間、無事営業することができました。
本当に、ありがとうございます。
私は、あの、店長をさせていただいてここで5店舗目になります。
えー、それこそ、朝、昼、晩。決まったお時間に、毎日、お顔を見せてくれるお客さま。
複数いらっしゃいます。本当にそういった、お客さまに支えられてね、しっかり営業できた。ということで、改めまして、感謝申し上げます。
明日からはもう、お店がなくなってしまいますので、お買い物するところがございません。
本当に申し訳ございません。
また、お買い物だけではなく、お友達とおしゃべりする。
まあそういった景色も明日から、見られなくなると思うと、 本当に残念で仕方ありません。
これからは、平野区には「喜連瓜破駅前店」がございますので、ぜひそちらのお店、この長吉と同じように、ご愛顧いただきますように、お願い申し上げます。
最後になりましたけれども、今日、暑い中こんなにお集まりいただいて、ありがとうございます。
皆様方の、ご健勝とご多幸をお祈りして、ご挨拶とさせていただきます。
本日は、本当に暑いところ、こんなにお集まりいただきまして、お見送りいただきまして、ありがとうございます。 

 - 長吉店閉店の挨拶 
テープおこしに近い感じで全文を記したが、何か気づくことはないだろうか。
実はこのお店、「閉店する」とは言っていたものの、「閉店の理由」が最後まで明かされることはなかったのだ。
どこかで映像をご覧になった方や、現地にいた方はわかるかもしれないが、挨拶の終盤に閉店を知らず買い物に来て、従業員に止められた地元住民と思しきお客さまの怒りの声が聞こえたのだ。
なんで買い物でけへんのや!」と。 

よく考えたら、最寄駅となる出戸駅のすぐ近くには代わりになるスーパーはない。
これを読んで地図を見たそこのあなた。「自転車で行ける距離ならあるんちゃう?」
いや、駅前にあることが重要なのだ。
出戸駅前にダイエーがオープンすると聞いてマンションを購入した人もいると聞く。
歩いて買い物に行けるというのはひとつ利点なのだろう。

お店は誰のためにあるのか?

さて、閉店の理由を最後まで明かすことなくお店を閉めた長吉店。
ここで考えてみよう。
お店は、誰のためにあるのだろうか。
会社のためだと答えたら、それは会社都合でお客様のことを考えていないことになる。
お店は、お客様の為にあるのだ。 
これはいろんな人が言っているが、ダイエーグループ総帥である中内㓛CEOも同じ考えだったといわれている。

ダイエーが昔あまり閉店しなかったのはこの考え方があるからともいわれている。

また、それを裏付けるものとしてダイエーグループの飲食業態であった株式会社ハブの太田社長もこう仰っている。
中内さんからの教えでもあります『店はお客様のためにある』との考えを私は持っています。
一度出した店には、お客様に対する責任が生じます。従って撤退も安易にするべきではないのです。
今回の閉店、お客さまには閉店理由が明かされぬままであるが、お客さまに対する責任を果たしているといえるのだろうか。

余談

このお店には2023年8月現在で大阪市内唯一となるドムドムハンバーガーがあった。
館の閉店に伴い、ここも閉店。
大阪府内はついに3店舗まで減ってしまった。(吹田、深井駅前、津之江FC)
昔はもっとたくさんあった。
もちろん京橋にも。金剛にもあった。
ドムドムハンバーガーを探して、遠くまで行かねばならなくなっている。
ぜひとも大阪市内に再出店してほしいところである。 

コミックマーケット102に出展

2023年8月13日、東京・有明で開催されておりました「コミックマーケット102」に出展しておりました。
今回はそのウラ話です。

会場最寄駅から数駅離れたところへ宿を取り宿泊。
朝は早く起床。(モーニングコールを活用)
大きい荷物を東京駅のコインロッカーへ預け、ゆりかもめで合流場所へ。
(時間は…ry)
スタッフと合流後、急いで東京ビッグサイトへ入場。
入口ではサークル通行証の確認とリストバンドの交付が行われていた。
ブースへ向かう途中に搬入物を受け取り、ブースへ。
場所は東2ホールのW-21a。なんとお誕生日席である。 

時間が迫る中設営を完了。
今回は大型バナー設置のためいつもより少しだけ時間がかかった。
10:15、C102の2日目初の一斉点検。

開会直前に頒布にかかるオペレーションの読み合わせを実施し開会を待つ。

10:30、開会!!

開会後

開会後は壁サークルの様子をうかがいつつ、弊サークルへお立ち寄りくださる方を待った。
開会から19分ほどで1人目、それから10分後に2人目。そのあと15分ほど後に3人目。
以降間隔は開きつつも多くの参加者様が訪れてくださり、新刊、既刊合わせて39冊を頒布。
しかも既刊の「京阪沿線編」「阪急神戸線・宝塚線沿線編」に加え、コミケ用に割り当てていた新刊完売
これは弊サークル発足以来の新記録である。 

予算

今回は売れ行きの見込みがわからなかったため全体で10冊、
また新刊だけでも10冊へ設定。
予想を超える冊数をお求めいただき、頒布物全体で10冊は1時間53分、新刊の10冊も2時間22分で達成
時間はかかっているが、未達ではないので問題はない。 

COVID-19対策

弊サークルでは今回も、5類感染症となってもリスクは変わらず、じわじわ増えているCOVID-19感染拡大防止のために様々な対策を実施していた。
まずは前回に引き続きキャッシュレス決済の推進である。
こちらは現金で支払おうとしている参加者様へ「キャッシュレス決済」だと優待が受けられる旨声掛けを実施した結果、ほとんどの方がキャッシュレス決済へ切り替えられた。

また、今回もブースにアルコール消毒液を設置。
毎度お馴染み、大阪発の化学メーカである「サラヤ株式会社」の業務用製品を採用し設置。
今回はほとんどの参加者が消毒を行っていなかったと記憶している。
とはいえ有効な対策を解除する理由はないため、今後も引き続き設置を続ける。 

キャッシュレス決済を推進するための割引施策は「キャッシュレス優待」へ名称を変更し継続実施。
これはキャッシュレス決済をご利用の方限定で5%OFFとなる施策である。
キャッシュレス比率は全体の75%であった。 
これはようやく安定したように思うため継続実施する。 

総括

反省点、良かった点はTwitter(X)に投稿済である。



反省点

  • 通信回線トラブル
開会から1時間53分が経過した12:23頃、クレジット決済端末が通信エラーで決済失敗する事象が発生。
交通系決済に使用している端末で処理を試みるも通信エラーが発生。
原因はモバイルルーター決済端末およびPOSとの通信異常が起きていたこと。
根本原因はわからなかったが再接続を実施したところ復旧。
結果として参加者様を長くお待たせする事態となった。
心優しい方であったため温かく見守ってくださったが、弊サークルの決済処理に関わる重大なインシデントであると考えている。
今後は障害が起きた際により迅速に復旧できるよう努める。

  • レシートロール交換時の向き間違い
こちらについてはレシートに赤い帯(=残りわずか)が出ていることに気付いたためレシートロールを交換。
その際に向きを誤り、印字面ではない側をセットして印字
すぐ向きを変え再印字をかけたが、これはテスト印字をしておけば防げた初歩的なミスである。
今後はレシートロールを交換する際は必ず何らかのテスト印字を行う。 

良かった点

  • 服装で驚かれる
今回はいつもの「福岡ダイエーホークス」のハッピに加え、途中で緑色のポロシャツへ着替えた。
その緑色のポロシャツ、表面は無地で胸元にポケットがあるだけなのだが、肝心なのは裏側である。
裏側上部には「SERVICE STAFF Daiei」と記載があった。
これはとあるオークションサイトにて入手した「本物の制服」である。
が、どこで着用されていたのかは不明である。
(弊サークルの副支配人によると、カート回収などを行っていた店舗スタッフが着用していたものではなかろうか、とのことであるが真相は不明である。)
 
他のサークルのブースを訪問した際にも着用していたが、懐かしさを感じていただけたのであれば嬉しい限りである。
  • 多くの方が訪れてくださる
今回は本当に多くの参加者様が立ち寄ってくださった。
初めてお会いするフォロワーの方もたくさん。
もちろん、午前に来た方、午後に来た方さまざまであったが、ちゃんと挨拶はできたので良かったと考えている。
お越しくださいましたフォロワーの方には心から感謝しております。
ありがとうございます。

  • コミケ用に割り当てた新刊完売
こちらは先述した通り、今回出した新刊が完売したというものである。
開会前にメロンブックス通販委託分、見本誌分、コミケ頒布分と分けていたが、
メロンブックス通販委託分および見本誌分を抜いた分をコミケ用とした。
ところが、これが閉会7分前に完売となった。
新刊がイベント中に完売するというのは初めてである。
お求めいただいた方に心から感謝申し上げる。

…なお、最後に来てくださった方の分はなんとかしているので問題はない。 

バナーで目立つことができた

今回は当選が判明し配置を確認した際に島の端である「お誕生日席」であることを確認した。
スタッフと協議し、「目立たせないといかんなあ」となったため急遽バナーの作成を決定。
イラストについては禊名 莉乃亜先生に描画を依頼。
イラストが届いた後にこちらで編集を加えたところは右上のロゴを追加したのみ。
それ以外はそのまま。
結果、とても可愛く目立つバナーができた。
なお、写真では片面であるが実際には表裏で2枚掲出していた。
背景の写真は大阪にある「ダイエー曽根店(0227)」である。
しかも、元の写真は曇り空であったがこちらから先生に「良い感じにお願いします」とお伝えしたところ青空となって届いた。
とても素晴らしいイラストであったため、急遽予定を変更し新刊の表紙にも採用。
ようやく同人誌らしい表紙とすることができた。
(イラストを表紙にしたのは第1弾の歴史本以来)

閑話休題。
今回バナーを作成し掲出したことによって遠くからでも見つけていただくことができた。
今後のイベントでも掲出予定であるので、バナーを目印に見つけていただきたいところである。 

  • キャッシュレス決済多数 
今回はいろんなキャッシュレス決済をご利用いただいた。
呼びかけをしっかりやったことで比率がアップ。
お互いにメリットがあるので今後も継続して呼びかけていこうと考えている。

まとめ

皆様のおかげで史上初の完売という大きな成果を出すことができました。
弊サークルのブースにお立ち寄りいただいた参加者の皆様、フォロワーの皆様、また各種ダイエー本をお求めいただいた皆様、本当にありがとうございました。 

おまけの話

今回はメロンブックスの担当者より委託の案内をいただくより前に新刊の予約対応をお願いしていた。
が、前日までに事前予約分は完売追加分を委託しているため予約いただくことができるようになっています。 

不安定の安定 ショップ - メロンブックス

なお、諸般の事情により2022年8月31日をもってboothでの頒布は終了しているのでご注意ください。
次回出展予定は2023年9月10日に大阪・南港で開催される「こみっく★トレジャー42」です。
詳細は決まり次第私のTwitter(X)およびダイエー本特設サイトにてお知らせいたします。

待ち望んだ再開城

昨年末に教えていただき、いま一番推している作品「かがみの孤城
今年の3月30日をもって閉城し、その後も細々と上映が続いていたので観ていたが、
今回、作中の設定に合わせて5月26日に再開城するとのことだったので実に41日ぶりに観てきた。 続きを読む

↑このページのトップヘ