同人誌即売会に出展するブースでの現金の取り扱いを廃止します

私、スーパーゆかりが代表を務めるサークル「不安定の安定」では、2021年1月以降に開催される同人誌即売会に出展するブースにおいて、頒布物の頒布における支払いの際の現金の取り扱いを取りやめます。
詳細はニュースリリースをご確認ください。

背景

2020年初頭より猛威を振るっているCOVID-19の感染拡大、ならびに当サークルの主な活動地である近畿地方、とりわけ大阪府においての感染拡大および危機的状況をうけて決定しました。
その決め手となりましたのは、12月3日に発令された大阪府独自の警戒基準「大阪モデル」における警戒信号の赤信号点灯であります。
サークルの主な活動地は大阪であること、即売会の開催地が大阪府内であり、すでに次の即売会の申し込みをしていること、代表が大阪府民であることから、「自身が代表を務めるサークルにお立ち寄りいただいた方から感染者が出て欲しくない、出してはならない」という強い思いを持ったためこのような施策の実施に至りました。 

代替策

現金の取り扱いを廃止する代わりに、クレジットカード決済においてICチップを用いた暗証番号決済、交通系電子マネー決済に対応いたします。
なお、交通系電子マネーのチャージは取り扱いがありませんので予めご了承ください。

つり銭の取り扱い

現金の取り扱いを廃止いたしますので、つり銭の準備もございません。
皆様にはご不便をおかけすることとなりますが、接触による感染リスク低減のため、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 

2020年12月10日
 不安定の安定
代表 スーパーゆかり

今回はダイエーのお話ではなく久々に映画のお話。

ある映画にハマる

最近公開された作品。


そう、11/14公開の映画「魔女見習いをさがして」。

ざっくり言うと、21年前に放映していた「おジャ魔女どれみ」を見ていた世代の3人の女性が自分探しの旅に出るというもの。

要素としては、
聖地巡礼×自分探し×酒×夢。 
観た人はわかるかと。 

なお、タイトルから想像して
どれみ達が大活躍する映画だ!」などと期待をして観に行くとよろしくない
なぜならその期待は大きく外れるから。

ネタバレ要素を含むので続きを読む際は観た後の方がいいかもしれません。 

















続きを読む

ダイエーの新業態

たまたまTwitterを見ていると、こんなつぶやきを発見。ダイエーファンである私、今日の今日まで知りませんでした。
ダイエーの新業態といえば、ダイエーのロゴがない黒看板のフードスタイルだと思っていたのです。

まず見て欲しいのは、店舗のロゴ。
CoDeliの「D」と「i」の上の点、これがダイエー3代目ロゴである上弦の月が使われています。
3代目ロゴといえば、1975年10月21日に公式発表され、10月24日オープンの一宮店(4169)より使用開始されたロゴで、おそらくダイエーで一番有名なロゴマークであろうものです。
2012年9月30日の平塚店 (0559)閉店をもってダイエーの看板からは消滅していたのですが、8年ぶりの復活を遂げました

また、色遣いもダイエーそのもの。看板下部のラインもダイエー色

こデリとは

ダイエーのサイトには、このような解説がありました。
CoDeli(こデリ)って…?
Co…“ンパクト”なお店で“Co”をお届け
             Communication(お客様目線でのサービスを考える)
             Conscience(誠実に•良心価格で)
             Comfortably(気軽によってもらえる空間•家での美味しく)
Deli…“デリカ”と“フローズン”を食卓へ
ダイエーが創業当初から守ってきたものがかっこよく書かれているように見えます。
 "Communication(お客様目線でのサービスを考える)"
これはダイエーの理念「For the Customers」そのものです。
お客様のために何ができるか。これが一番重要です。

"Conscience(誠実に•良心価格で)"
これもダイエー憲法「よい品をどんどん安く、より豊かな社会を」であります。
ダイエーのいう「よい品」とは「お客様の求める品」、「どんどん安く」は「お客様の買いやすい価格で」であります。

難点

ひとつ難点なのは、こデリの店舗看板にあのロゴがあることです。
あれがなければダイエーのお店とわかるのです。
消費者が混乱するのでなんとかならないかと思う所存です。

CEOの考えはいまも生きている

中内CEOが経営の一線から退かれて19年、鬼籍に入られてから15年。
ダイエーの考えは消え、よくあるスーパーに成り下がった、そう思っていました。

2020年に入り、ダイエーは60秒のドキュメンタリーで「CEOの考えは忘れていない 」と消費者へ示したのです。
 

そして、今回のこデリのロゴ。ダイエーの内部(特に広報部門、店舗開発部門)で、CEOの考えを今も持って働かれているダイエーグループマン/レディがいるのかもしれません。 

CEOの考え方

CEOの考え方を知るには、これを覚えるのが一番です。

ダイエーグループの誓い 
わたくしたちダイエーグループの従業員は
つぎのように誓います。
 
1. この仕事を通じて、お客さま

すべてのより豊かなくらしに奉仕いたします。



1. まごころをこめて、よい品を

どんどん安く売ることを働きがいといたします。



1. 人を愛し、店を愛して、日々美しい努力をつづけます。


これは、ダイエーグループの行動指針、「ダイエーグループの誓い」です。
ダイエーグループマン/レディのうち、社歴の長い方はご存知かもしれません。
こデリでの上弦の月復活と合わせて、この誓いの唱和も復活してほしいものです。 

最後に

店舗のアクセス情報をお伝えします。
CoDeli南堀江2丁目店
大阪府大阪市西区南堀江2丁目13番1号
アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅徒歩5分
               地下鉄長堀鶴見緑地線/千日前線 西長堀駅徒歩8分
               地下鉄四つ橋線四ツ橋駅徒歩10分
               なにわ筋 堀江交差点を西へ100m 
マンションの1階にあるゲタバキ店舗です。
営業時間も7:00-23:00と長めなので、朝早くてもお昼休みでも仕事帰りでも大丈夫です。
是非、お店に行ったら、「ここはダイエーのお店だ!」と思ってあげてください。
決して、看板の隅っこにあるロゴだけを見て勘違いしないでください。  

↑このページのトップヘ